インターネット
■ブラウザ
一時ファイル
■フリーメール
Gmail
■プロバイダ
人気使用率2003-2006
人気使用率2007-2009
人気使用率2010-2011
人気使用率2012
DSL速度測定1
SNS
■Twitter
登録編
設定編
使い方編1
使い方編2
mixiと連動
□クライアント
ついっぷる
□ニュース・トラブル
ついにやった
ツイッター詐欺

DMには注意
乗っ取り被害

■質問サイト
OKwave
アダルトサイト架空請求
Q&Aなう
大雪の日に大荒れ
ネトウヨVSネトサヨ
派手な引退劇
液晶に顔が写り込む
Google+に個人情報

■ヤフオク
商品説明の書き方
■まとめ/コピペブログ
まとめブログとは?
コピペブログ1
コピペブログR-18

■ネットニュース
女子大で自殺予告
まとめブログ
5サイト名指しで警告
やられやく逮捕1
やられやく逮捕2
ステマ
FC2まとめ禁止言及
ほしのあき詐欺宣伝
Yahoo!知恵袋
逗子ストーカー殺人

■ネット犯罪
迷惑メール
騙され易いメール
悪徳サイト
出会い系クチコミ潰し
架空請求
フィッシング詐欺
不正アクセスアップ
ダイヤルQ2
偽間違いメール
保険証・口座売買1
保険証・口座売買2
別ジャンルへ飛ぶ
別サイト(創作専門)
掲示板・ろだ
年齢制限/広告非表示
GoogleAds非表示
コピペ
スマホ向けページ有
忍者

interz
Google
忍者
点数の見方
殿堂入り 6点 殿
5点 5
4点 4
3点 3
2点 2
1点 1
評価不能
サイト名変更/移転
変更
サイト合併/休止
合併
サイト閉鎖/年齢指制限
閉鎖年齢制限
Amazon
Amazon
人気記事
ブログパーツ
Ads
■ @返信
□@返信とは?
掲示板で言う返信「Re:」、ブログで言う「コメント」のような物です。

以下のは、分かりやすくする為に画像を繋ぎ合わせていますが
1. 気になったTweet(ついーと)に返信をしたい場合は「返信」をクリックします
2.返信を書きます。「@相手のID(半角スペース)」と相手のIDが出ているので、その後ろに直接書きましょう。
3.返信をクリックします。
4. ホームではフォローと自分発信の返信・自分宛の返信が見れます。
プロフィールでは、自分の発言と相手からの返信が見れます。

簡単なやり方は発言覧に半角英数で「@相手のID(スペース)」を入力した後に、発言を入力します。140文字制限を使うので文字数が少し少なくなります。2名に送りたい場合は「@相手AのID 相手BのID」と入力すればOKですが、その分文字数は少なくなります。
@相手のID_返信本文」
@相手AのID_相手BのID_返信本文」
※ _ は 半角スペースの意味



□@返信は誰にでも見れる
@返信のやり取りはSNSと違い誰にでも見れるので注意。



□自分宛の@返信だけを見る

[ホーム]→[@自分のID]をクリックすれば見られます。
■ RT (Retweet)
□ RT (Retweet)とは?
相手の本文を使用した返信です。ブログで言う「トラックバック」のような物です。
ただRTには相手の本文を使用していますよとの意味しかありませんので、特殊な動作はしません。
140文字制限をかなり使用してしまいますので、重要な部分を割愛して使用する事が多いです。

発言でリツイートをクリックするだけです。


しかし当PCの環境だとリツイートマークが出て本文がそのまま登録されるだけです。
携帯からだと上手く行くのですが、上手く行かない場合は直接入力いたしましょう。


現在のPC版だとこの様な表示になってしまいます。直接入力した方が良さそうです。


□RT (Retweet)の書き方
1.返信をクリックし、その後ろに本文をコピペで貼り付けます。長い場合は割愛します。
2.@の前にRTを 付け、その前に返信内容・感想を書きます。
「自分の感想_RT_@相手のID_相手の本文」
※ _ は 半角スペースの意味

□基本的に@返信と一緒
@返信に相手のつぶやきも掲載するだけなので、一緒です。誰にも見られてしまい、
[ホーム]→[@自分のID]をクリックすれば自分宛ののみ見られます。
■ ダイレクトメッセージ
□誰にも見られたくない
「ダイレクトメッセージ」を使用しましょう。
相手に送る場合は、相手のIDをクリックし右メニューの[○○○にダイレクトメッセージ]をクリックします。
本文(140文字以内)を入力し[送信]をクリックします。



メニュー右側の「ダイレクトメッセージ」をクリックすると見ることが出来ます。
一度ダイレクトメッセージを使用すると、メールソフトのような画面が表示され、次回からは簡単にやり取りができるようです。
■ 活用法
□ オークションや商品に対してつぶやく
最近はネットオークションやネットショップから、その商品に付いてつぶやける用になっております。
商品のページから感想などが見られる訳では無く、自分のつぶやき上にその商品のURLが記載されるだけですが。

1. Twitter(この商品でつぶやく)をクリック


2.商品に付いてつぶやく


3.URLが反映される
相手の商品についてPRするだけで、自分には見返りがないという悲しい物でした。
自分でオークションで出品中の商品などをつぶやかないと意味が無いか。
□リスト
リストは自分自身で作り上げるタイムラインで、友達、家族、同僚、スポーツチーム別などなんでも自由に作成できます。

○○高校・△△大学・××会社など作ってしまうと、自分だけで無く、知り合いの個人情報も晒してしまいますので注意しましょう。